2010年01月09日

第21走者 津田祐樹さん




そろそろクライマックス、津田くんの登場です!


津田くんが常々引き合いに出すイベントの紹介から。
環境省が進めるエコという真面目なテーマを若者に対して、
楽しみにながら伝え、実践してもらおうという取り組み。



若者は、タダでライブに行きたいがために
環境についての論文を書いて応募するそうです。

真面目なテーマだからこそ、いかに楽しんでやれるか。

それはエコに限らず、他もみんな一緒でしょ、という主張。


今の若者に伝えたいと思うのだったら、
若者に興味がある切り口から、伝えるべきでしょうと。

気がついたら、いつのまにかゴミ拾いしてたとか。
そんなノリが絶対必要でしょう!と津田くん。


2003年の初年度にこの取り組みに出会い、
非常に影響を受けたとのことですが
確かに津田くんがいつもやることを見ると
何にしてもどうやって楽しくやるか、ということを
常にアホらしいほど真剣に考えている気がしますね。



みんな立ち上がり、近寄って聞いてましたよ~。


ここだけでも、充分いい話聞けたなぁ、と思ったら、
なんとそれは単に前座でここからが本番でした(^^;



ここからは、津田くんの価値観の話に。
まず、オレの幸せの沸点は人よりずっと低いよ、と。

そこから、津田くんの大学受験、大学生活、
とその変遷を辿っていきました。

詳しい話ははしょっていましたが、
彼はまだ若いのに非常に辛く厳しい経験をしています。

そんな津田くんは言います、
人に迷惑をかけず、家族と、健康で、美味しいものを食べれる。
こんな幸せはないですよね?と。


何度か聞いたことある津田くんの話でしたが、
それでも、改めて心に響く、いい話でした。
(いやぁ、津田くんの真面目な話は人を引き込みますね~)


ところが、そこから、まだ話は続きます(笑)
いつまでも終わりそうにないですので、とりあえずこの辺で。。
(いつまでも終わらないのも、津田くんらしさですね ^^;)




同じカテゴリー(リアルタイム更新)の記事画像
第14回ブログロックフェスティバル【リアルタイム更新】
第6走者 熊谷大さん「タンスヨキンとシンサイフッコウ」
第5走者 中谷裕次さん「年始から滝⇨常にリードして勝負する!!」
第4走者 鈴木圭介さん
第2走者 佐々木敦斗さん「兵庫県福崎町のカッパの話」
第1走者 髙橋花乃子さん「?橋花乃子の半生」
同じカテゴリー(リアルタイム更新)の記事
 第14回ブログロックフェスティバル【リアルタイム更新】 (2018-01-14 10:16)
 第6走者 熊谷大さん「タンスヨキンとシンサイフッコウ」 (2017-01-07 15:35)
 第5走者 中谷裕次さん「年始から滝⇨常にリードして勝負する!!」 (2017-01-07 14:41)
 第4走者 鈴木圭介さん (2017-01-07 14:09)
 第2走者 佐々木敦斗さん「兵庫県福崎町のカッパの話」 (2017-01-07 12:31)
 第1走者 髙橋花乃子さん「?橋花乃子の半生」 (2017-01-07 11:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第21走者 津田祐樹さん
    コメント(0)