2011年09月20日

おひるのじかん〜「NIMBY」とは

9月20日。おひるのじかん復活2回目にして早速の、土砂降り大雨。
そんな中、今日はファイブブリッジと同じビルの4階から、デュナミスの鈴木さんとハーベストの牧野さんが参加してくれました。

今日は固いニュースが多かったですね。福島で製造した花火の打ち上げ中止などの話題を見ながら、自然と放射線や復興など日本全体の状況について話題が膨らんでいきました。
そんな中で出てきた言葉が「NIMBY(ニンビー)」です。皆さん、ご存知ですか?

これは、「Not In My Back Yard」(自分の裏庭ではないところに)の略語で、“社会的に必要な施設であっても、自分の周辺にはあって欲しくない”という考え方を表した言葉だそうです。
Wikipediaの「NIMBY」

もちろん原子力発電所もNIMBYの対象となる言葉でしたが、今は建設自体をやめようという動きが広がっていますね。ただそれでも、放射性廃棄物処理施設等は、今後建造していかなければなりません。

個人個人の考え方がありますので、このブログでその是非を問うことはしません。しかし、どうしても国民ひとりひとりのエゴと向きあわなければならない諸問題について、この「NIMBY」という単語を知っておくことで、少し客観的に物事を判断できるようになるのではないかと、そんなことを感じた9月20日のおひるのじかんでした。

(漆田)  


Posted by Five Bridge at 17:37Comments(1)イベント情報

2011年09月16日

おひるのじかん復活!(11.09.15)

こんにちは。ファイブブリッジの漆田です。

お昼休みにみんなでお弁当を持ち込み、新聞を回し読みしながら日々のできごとを語り合う
「おひるのじかん」
4月から6月にかけて、ファイブブリッジ会議室や五橋公園で開催していたプチ交流会が、このたび復活しました!

今後は、毎週火曜日・木曜日の開催となります。
(12:15~13:00@ファイブブリッジ会議室 途中参加OK!)
当日の開催および中止の案内については、ファイブブリッジのTwitterfacebookで告知いたします。

普段なかなかファイブブリッジに来る機会がないという方も、ぜひお気軽にお越しください。


このブログでも、その日盛り上がった話題などを紹介していきます!

リニューアル第一回目となった昨日の「おひるのじかん」で、参加者の興味を引いたのはこの記事。

被災沿岸にお地蔵さんを 募金呼び掛けへ 山形・有志企画
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110915t55015.htm
(河北新報9/15朝刊26面)

「お地蔵さんはどこに設置するのか(流されてしまったお地蔵さんを再建するのか・新しく置くのか)」
「一度置いてしまったらなかなか退かせないのではないか」
「お地蔵さんには宗派はあるのだろうか」
……など、想像や疑問が膨らむ話題でした。

お地蔵さんについて詳しい方がいましたら、ぜひ次回の「おひるのじかん」で教えてくださいね。  


Posted by Five Bridge at 12:45Comments(0)イベント情報