2015年01月04日

第二十四走者・山田康人さん

第二十四走者は、山田康人さん。
(リアルタイム更新は山田が担当していたので、ここだけ代筆となります)



ファイブブリッジ副理事長で宮城県職員、現在は女川町役場に出向中の山田さんによる、女川のハナシ。
女川の良さは「コンパクトさ」。
もともと山田さんは気仙沼LOVEな人ですが、女川は気仙沼の1/10という規模で、地域が一つにまとまっている印象だったそう。そこで街の30代〜40代の人たちが本業やりながら街づくりの活動を支えている。

そんな現在の女川での山田さんの仕事は、行政だけでは成し遂げられない「まちづくり」のため、民間のひとたちが活動できる環境を作る、セットアッパー的な役割。官民協働という視点から、女川町は先進的な取り組みをしている街になる。

そのほかにも、毎日のブログ更新を欠かさない山田さんが得意とする情報発信を通じて、女川の日常感を伝えたり、人を繋げることを心がけているとのこと。
そこでミライトスの鈴木さんに来てWebやECの話をしてもらったり、気仙沼・アンカーコーヒーの小野寺さんに来てもらって港町にコーヒーショップがある必要性を、ざおうハーブの平間さんにハーブと水産物の組み合わせを説いてもらうなど、女川の人たちと話し合ってもらっているそうです。

津波で中心部のほとんどが流されてしまった女川ですが、今後、街中に活動が出来る場が増えてくるので、そこで官民協働のどんな活動ができるか……何かしらコラボしていきたい。
ファイブブリッジのメンバーともつなげていきたいと思っているのでよろしく! というメッセージでした。



同じカテゴリー(リアルタイム更新)の記事画像
第14回ブログロックフェスティバル【リアルタイム更新】
第6走者 熊谷大さん「タンスヨキンとシンサイフッコウ」
第5走者 中谷裕次さん「年始から滝⇨常にリードして勝負する!!」
第4走者 鈴木圭介さん
第2走者 佐々木敦斗さん「兵庫県福崎町のカッパの話」
第1走者 髙橋花乃子さん「?橋花乃子の半生」
同じカテゴリー(リアルタイム更新)の記事
 第14回ブログロックフェスティバル【リアルタイム更新】 (2018-01-14 10:16)
 第6走者 熊谷大さん「タンスヨキンとシンサイフッコウ」 (2017-01-07 15:35)
 第5走者 中谷裕次さん「年始から滝⇨常にリードして勝負する!!」 (2017-01-07 14:41)
 第4走者 鈴木圭介さん (2017-01-07 14:09)
 第2走者 佐々木敦斗さん「兵庫県福崎町のカッパの話」 (2017-01-07 12:31)
 第1走者 髙橋花乃子さん「?橋花乃子の半生」 (2017-01-07 11:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第二十四走者・山田康人さん
    コメント(0)